30代以上のチャットレディは、本気で告白すれば会える!

アダルトライブチャットでは、可愛い女の子たちが、男の言いなりになって、エッチな台詞を口にしたり、エッチなポーズをとったり、オナニーをしたりしています。
料金は、ピンクサロンとそれほど変わらないほどに高額ですが、業界全体が衰えずに、むしろ発展しているところを見ると、それを愛し頻繁に利用している男性が多く、儲かっているのだということがわかります。

さて、そんなアダルトライブチャットでは、女の子とリアルに会話をしながら、オナニーに耽ることができるのですが、どうしても、相手が裸を晒していると、「もしかして会えるんじゃないか?」と考えてしまいますよね。相手が褒めてくれたりすればなおさらです。

ですが、はっきり申し上げますと、それらはすべて仕事で、口から出るのも営業トークで、決してあなたに秀でた魅力があるというわけではなく、ついては、実際に会うことなどほぼ不可能です。

いえ、もしかしたら、普段のあなたは女性にモテまくりのヤりまくりなのかもしれません。しかし、チャットレディがパソコンの前に座って、オナニーをするのは、れっきとした、仕事の一環です。サービスのあと、「こんどデートしようよ」と言って、それに応じてくれる風俗嬢がいったいどれだけいるでしょう。大金持ちとか、政治権力者とか、そのくらいの器がないとほとんど無理ですよね。

それでも会いたい、という方は、30代以上のチャットレディを狙っていくことをオススメします。

風俗だろうとキャバクラだろうとアダルトライブチャットだろうと、男にちやほやされるのは若い子です。若い子ばかりが褒めそやされて、30歳以上の、女を武器とした職業においては決して若いといえない女性らは、「ふん、小娘が」と日々鬱憤を溜め込んでいます。そのせいか、褒められると、わりところっといってしまうんですよね。

単純に、実際に会って、手を出すことのできる確率が高い。
そういう意味で私は、30代以上のチャットレディを狙っていくことをオススメします。

さて、実際にそんな彼女らを落とす方法ですが、まずは、その方のもとに通い詰めてください。そして、その職業をやっていれば嬉しいはずの褒め言葉を、いっぱい浴びせてやってください。

「綺麗ですね」
「すごく興奮します」
「やっぱ僕は○○さんだけだな」
「とても気持ちよかったです。また来ますね」

そうして、少しずつ相手の心を開かせていきます。
そして、何度か通ったあと、「実は・・・」といかにも深刻そうな口調で切り出します(嘘でいい)。「あなたのことを、好きになってしまったかもしれません」

これだけやっても、落とせないということは往々にしてあります。
従業員と客という一線を越えることに、従業員は少なからずためらいを感じ、後ろめたさを感じるものです。本当にそうしてしまったあと、罪悪感すら抱くかもしれません。

しかし、あなたの演技がうまければ、相手は同情して、もしかしたら、会ってくれるかもしれません。普段ちやほやされないぶん、まっこうから気持ちをぶつけられたときに、心を動かされてしまうんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">